さまざまな媒体を網羅する広告媒体データベース「スタートライズメディアカタログ」なら媒体プランニングのための広告業務を圧倒的に短縮できます。

すばやく最適な提案をしたい方はこちら

媒体社の方はこちら

残業ができないということは、無駄な業務をやめないといけません。
問題なのはどこの業務の効率を上げるか(=止めるか)になります。
間違ってもクライアントに迷惑をかけるわけにはいきません。
クライアントのブレイン的な存在でもある広告代理業務における工程を考えたときに、効率化を最大限まで上げないといけない業務は何か。どのような業務をリストラするのかが非常に大切になります。
生産性を最もあげないといけない業務は・・・
提案する媒体を探すこと媒体情報のアップデートになります。

世の中が複雑になった今、テレビ、スマホ、ネット広告のみでなく、多様なメディアを提案しなければなりません。提案をするたびに、自分のパソコンに保存している媒体資料から探したり、足りないと思ったら、Googleで検索して探している時間はないです。
また、探して見つかればいいのですが、結局見つからなかったということがほとんどではないでしょうか。
ただ、クライアントからはマスメディア、スマホ・PC広告、ニッチメディアを案件に応じて提案することを今まで以上に求めてきています。
世の中のスピードは更に早くなってきているので提案するための準備する時間すら与えてくれません。
更には、探し出した媒体資料が新しいか古いかも分かりません。
自社のホームページをメンテナンスしない会社はかなりあるのではないでしょうか?

提案する媒体を探すことと媒体情報のアップデートをアルバイや派遣社員にやらせることになると、人件費は、アルバイトでも一人につき最低月額15万円はかかるでしょう。
一人で済めばいいのですが・・・もし二人必要なら・・・。さらにマネージメントコストもかかります。
アルバイトの方に勝手にやって頂くなんてことは非現実的で、実際には正社員の方もマネージメントでかなり関与しています。その結果として、膨大な人件費が発生してしまいます。
また、毎月無限に増えては減る媒体の管理や社内情報共有(特にいつも居ないトップ営業マンに・・・)など、簡単だが非常に労働集約的なコストがかかる業務をどのように削減をするかが肝心になります。

媒体を探す作業と媒体情報のアップデートを外部委託できれば、その分のマンパワーを付加価値の高い業務(営業・企画のアイディア出し等)に充てることができ、短時間で高いパフォーマンスを生み出すことができます。

スタートライズメディアカタログでは、以下のようなメリットを享受できるから、生産性を大幅に高めることができます。

ニッチメディアを保有件数が圧倒的なNo1

このスタートライズメディアカタログにて媒体を探せば、他で探す必要が全くなくなります。
弊社では媒体開拓専門スタッフが毎日電話、会員企業からの紹介、Googleなどで媒体が見つかりそうなキーワードで検索して開拓する、ニュースサイトへの掲載依頼から媒体を見つけているため、あなたがやっている行為以上のことを十数名のスタッフで代わりに実施していますため、このようなことが言えます。

毎日媒体情報をメンテナンス

媒体情報が最新になるように日々メンテナスを行っております。また、媒体資料を読まなくても良いように、媒体資料にない情報を媒体社の営業担当からヒアリングして内容を充実させ、最近継続しているクライアントについてもアップデートしています。

生産性を高めたい。無駄な業務の削減ににご興味がございましたら、無料になるため、下記から資料請求をしてください。

スタートライズメディアカタログ

03-6684-4211

03-6684-4211

媒体社の方はこちら

媒体社の方はこちら

最新の実績にもとづいて選んだ、自社のニーズにあった媒体をぜひ、ご覧ください。

お問合せする